【対処方法】光回線なのに「ひかりTV for docomo」が利用出来ない




 光回線なのに「ひかりTV for docomo」が利用出来ません、どうしてですか

 

対処方法

 「ひかりTV for docomo」を利用するには、「フレッツ光」または「ドコモ光」などの光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスが必要です。

※以下では「ひかりTV for docomo」を利用する事はできません。

・「ドコモ光タイプC」

・「ドコモ光ミニ」などの光コラボレーション事業者が提供する「2段階定額の光アクセスサービス」

・NTT東日本、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」「フレッツ 光ライト」

・NTT東日本の「フレッツ 光ライトプラス」「フレッツ 光ネクスト プライオ10」「フレッツ 光ネクスト プライオ1」

・NTT西日本の「フレッツ 光マイタウン ネクスト ファミリーライトタイプ」

・NTT東日本、NTT西日本の「ひかり電話オフィスタイプ」

注意事項

※NTT東日本エリアのマンションにお住まいの一部の利用者において、以下の光回線プランで、2020年9月1日以降に「ひかりTV for docomo」の利用を開始した場合、「ひかりTV for docomo」を利用できない場合があります。詳細は「ひかりTV for docomoサイト」の「お申込みはこちら」https://www.hikaritv-docomo.jp/registerから確認しましょう。

「フレッツ 光ネクスト マンションタイプ(ミニB)」「フレッツ 光ネクスト マンションタイプ(プラン1B)」「フレッツ 光ネクスト マンションタイプ(プラン2B)」等

※利用者の環境や、ネットワーク混雑状況により利用出来ない場合があります。

テレビサービスの利用には、NTT東日本・NTT西日本が提供するIPv6機能を使用します。

※利用中のISPによっては、利用者からISPへIPv6利用の申込みが必要になる場合があります。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です