【操作方法】AQUOS sense5G SH-53Aでテザリングを利用する。




AQUOS sense5G SH-53Aを利用しています。テザリングを利用するにはどうすれば良いですか

スマホをアクセスポイントとして利用することで、無線LAN(Wi-Fi)対応機器やUSB対応機器、Bluetooth対応機器をインターネットに接続するテザリング機能を利用することができます。

 

操作方法

1. 待受け画面(ホーム画面) →[設定]
2.[ネットワークとインターネット]→[テザリング]
3. 項目を選んで[ON]/[OFF]を切り替える
・[Wi-Fiテザリング]:ネットワーク名、セキュリティ、Wi-Fiテザリングのパスワードを設定したり、他のデバイスが接続されていないときにテザリングを自動でOFFにするか設定できます。
・[USBテザリング]:スマートフォンのインターネット接続をUSB経由で共有
・[Bluetoothテザリング]:スマートフォンのインターネット接続をBluetoothで共有
・[イーサネットテザリング]:スマートフォンのインターネット接続をUSBイーサネット経由で共有

※同時に接続できる機器数は、USBケーブルで接続したパソコン 1台、Wi-Fi対応機器 10台、Bluetooth機器 4台の計15台です。
※Wi-Fiテザリング機能利用中は、スマホはWi-Fi経由でインターネットに接続できません。
※Wi-Fiテザリング機能利用中は、電池の消耗が激しくなります。充電しながら利用する事がおすすめです。
※USBテザリング機能を利用する場合、Windows 8.1/Windows 10以外のOSでの動作は、保証していません。
※USB テザリング中は、スマホのストレージ(本体メモリやmicroSDカード)をパソコンでマウントすることはできません。
※Bluetooth テザリングを行うには、あらかじめ相手のBluetooth 機器を登録しておいてください。
※テザリングを利用するには、パケットパック/パケット定額サービスの利用を強くおすすめします。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です