【操作方法】AQUOS sense5G SH-53Aで電話に出られない時に相手の用件(メッセージ)を録音する




AQUOS sense5G SH-53Aを利用しています。電話に出られない時に相手の用件(メッセージ)を録音するにはどうすれば良いですか

 伝言メモを設定すると、留守番電話サービスを設定していない場合でも、電話に応答できないときに応答メッセージを再生し、相手の伝言を録音することができます。
録音できるのは、1件あたり約60分間で、50件までです。本体メモリの空き容量が不足した場合、録音できない場合があります。

 

操作方法

【伝言メモの設定】
1. 待受け画面(ホーム画面) →[電話アイコン]→[点3つのメニューキー]→[設定]
2.[通話]→[通話音声・伝言メモ]→[伝言メモ設定]
3.[マナーモード連動]もしくは[ON]を選択
※「マナーモード連動」をONにした場合、マナーモードにすると伝言メモが有効になります。

【伝言メモの再生】
1. 待受け画面(ホーム画面) →[電話アイコン]→[点3つメニューキー]→[設定]
2.[通話]→[通話音声・伝言メモ]→[伝言メモリスト]
3. 再生する項目を選択











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です