【操作方法】dtab Compact d-42AでWi-Fiネットワークに自動で接続する




dtab Compact d-42Aを利用しています。Wi-Fiネットワークに自動で接続するにはどうすれば良いですか?

Wi-Fi機能で自宅や社内ネットワーク、公衆無線LANサービスのアクセスポイントに接続して、メールやインターネットを利用できます。

1.待受け画面(ホーム画面)で[丸4つのアプリ一覧のアイコン]→[設定]
2.[ネットワークとインターネット]→[Wi-Fi]
3.「Wi-Fiの使用」の「●」をタップしてONにする
※利用可能なアクセスポイントが自動的に検出され、一覧表示されます。
4.接続するアクセスポイントをタップ
※セキュリティで保護されたWi-Fiネットワークに接続する場合は、Wi-Fiネットワークのパスワードを入力→[接続]をタップします。
※「QRコードマーク」をタップすると、Wi-FiパスワードのQRコードをスキャンしてWi-Fiネットワークに接続できます。

・Wi-FiがONの場合でもパケット通信を利用できます。Wi-Fiネットワークが切断された場合には、自動的にモバイル
ネットワークでの接続に切り替わります。切り替わったまま利用すると、パケット通信料が発生する場合があるので注意しましょう。
・利用する環境によっては通信速度が低下したり、利用できなくなったりする場合があります。
・Wi-Fiネットワークへの接続が成功すると、「接続済み」と表示されます。異なるメッセージが表示された場合は、パスワード(セキュリティキー)を確認しましょう。なお、正しいパスワード(セキュリティキー)を入力しても接続できない場合は、正しいIPアドレスを取得できていないことがあります。電波状況をご確認の上、接続し直しましょう。
・インターネットに接続されていないアクセスポイントに接続すると「Wi-Fiマークに×印」などが表示され、Wi-Fiではなくモバイルネットワークで通信が行われる場合があります。このようなアクセスポイントでWi-Fi通信を行うには、アクセスポイントへの接続時に表示されるインターネットにアクセスできないことをお知らせする通知をタップし、画面の指示に従って操作しましょう。
・ドコモサービスをWi-Fi経由で利用する場合はdアカウントの設定が必要です。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です