【操作方法】dtab Compact d-42Aでドコモデータコピーアプリを使ってmicroSDカードにデータをバックアップする




dtab Compact d-42Aを利用しています。ドコモデータコピーアプリを使ってmicroSDカードにデータをバックアップするにはどうすれば良いですか?

「ドコモデータコピー」は、dtab Compact d-42Aに保存しているデータを他のスマホやタブレットにコピーしたり、バックアップ・復元をしたりするためのアプリです。機種変更時のデータ移行や、大切なデータの定期的なバックアッ
プに利用しましょう。

・機種やOS、ファイルの種類によっては、正しくコピー、バックアップ、復元ができない場合があります。
・コピー、バックアップ対象の電話帳は、docomoのアカウントとして登録されている電話帳です。
・電池残量が不足しているとコピー、バックアップ、復元が実行できない場合があります。
・ドコモデータコピーの詳細については、ドコモのホームページを確認しましょう。

microSDカードを利用して、電話帳、画像などのデータの移行やバックアップ・復元ができます。

・バックアップまたは復元中にmicroSDカードを取り外したり、dtab Compact d-42Aの電源を切ったりしないでください。データが破損する場合があります。
・名前が登録されていない電話帳はバックアップできません。
・dtab Compact d-42AやmicroSDカードの空き容量が不足していると、バックアップ・復元が実行できない場合があります。
・ドコモデータコピーアプリでは静止画・動画などのデータのうち本体に保存されているもののみバックアップされます。microSDカードに保存されているデータはバックアップされません。
・画面ロック中やバッテリーセーバーの作動中などは、設定した時刻どおりには定期バックアップが実行されず、次回起動可能となったときに実行されます。

電話帳、メディアファイルなどのデータのバックアップを行います。

1.待受け画面(ホーム画面)で[丸4つのアプリ一覧のアイコン]→[データコピー]
2.[バックアップ&復元]
3.[バックアップ]→バックアップするデータにチェックを入れる→[バックアップ開始]→[開始する]
※選択したデータがmicroSDカードに保存されます。
4.[トップに戻る]

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です